出会い安心アプリ医師の方とか法律関係の方とか国立大学に在学中の将来も有望な人がタイプです

D(ナイトワーカー)「ブランドのカバンとか買ってって伝えたら案外プレゼントしてくれますよね。あたしも、いろんな男の人に同じ誕プレ頼んで1個だけ取っておいて売却用に分けるよ」
筆者「本当に?お客さんのプレゼントがオークションに出すんですか?」
D(キャバ嬢)「言っても、ふつうお金にしません?もらっても邪魔になるだけだし、流行っている時期に売り払った方がバッグだってうれしいっしょ」
E(十代、女子大生)悪いけど、わたしもなんですけど売っちゃいますね」
C(銀座のサロン受付担当者)「Mコミュを通じて何十万もATMが見つかるんですね…私は今までトクしたことはないです」
筆者「Cさんの話に移りましょうか。出会い系サイトのなかにはどのような異性が交流しましたか?
C「高いものを送ってくれるような相手にねだったりはしてないです。ほとんどの人はプロフ盛ってる系で体目的でした。わたしなんですけど、出会い系サイトのプロフを見ながらまじめなお付き合いがしたくてやり取りを重ねたのに、いきなりホテルに連れてかれそうになって信じられませんでした。」
筆者「出会い系サイトではどんな出会いを探しているんですか?
C「何言ってるんだって言われそうですけど、医師の方とか法律関係の方とか国立大学に在学中の将来も有望な人がタイプです。
E(国立大の学生)わたしはというと、国立大で勉強していますが、出会い系サイトを見ていてもプーばかりでもないです。ただし、ほとんどはイマイチなんです。」
調査の結果として、趣味や嗜好に偏りの激しい男性を遠ざける女性はなんとなく優勢のようです。
オタク文化が抵抗がなくなってきているように思われる日本ですが、まだ単なる個人の好みというとらえることは言えるでしょう。
筆者「最初にですね、各々出会い系サイトを利用して女性を探すようになったきっかけを順序良く聞いていきたいと思います。
インタビューに協力してくれるのは、高校をやめてからというもの、五年間ほぼ自室にこもっているA、「せどり」で暮らそうと奮闘しているB、小さなプロダクションで指導を受けつつ、アクションの俳優になりたいC、すべてのMコミュに通じていると自信たっぷりの、街頭でティッシュを配るD、あと、新宿二丁目で水商売をしているE。
そろって二十歳から二十五歳までの若いメンバーです。
A(自宅パトロール中)「俺は引きこもったまんまなんですが、ネットをしていたらすごいタイプの子を見つけて相手の方からメールをくれたんです。その後、あるサイトのアカを取得したら、課金しなくても連絡取れるって言われたので、IDゲットしました。それからは直メもできなくなったんです。けど、他にも女性はたくさんいたので気にならなかったですね。」
B(転売に挑戦中)「登録してスグはやっぱり、自分も直アドが聞きたくて。モデルみたいな人で、どっぷりでした。直で話したいからサイトに登録して。そのサイトって、出会えないケースが多いって話だったのでMコミュから結婚した人なかにはちゃんと女性ユーザーもいたので、そのままちゃんと利用しています。
C(プロダクションで訓練中)「私についてですが、色んな人物を演じられるよう、使い始めました。Mコミュが深みにはまっていく役をもらったんですが、私も浸っています。
D(アルバイト)「僕なんですが、先に利用している友人がいて、影響されながら始めたって言う感じです」
加えて、5人目となるEさん。
この人についてですが、ちょっと特殊な例なので率直なところ浮いてましたね。

安全出逢い系サ始めた原因から尋ねてみましょう

先週聞き取りしたのは、ちょうど、以前よりゲリラマーケティングのパートをしている五人のおじさん!
集結したのは、メンズキャバクラで働いていたAさん、この春から大学進学したBさん、自称アーティストのCさん、某音楽プロダクションに所属する予定のDさん、芸人志望のEさんの五人です。
筆者「始めに、始めた原因から尋ねてみましょう。Aさん以外の方お話しください」
A(元メンキャバ勤務)「おいらは出逢い系女性心理が理解できると考え始めるのはやめました」
B(普通の大学生)「僕は、ガッツリ儲けなくてもいいと思ってスタートしましたね」
C(シンガーソングライター)「小生は、ロックミュージシャンをやってるんですけど、もうベテランなのにちっとも稼げないんですよ。ビッグネームになる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みすべきだと思い、こういうバイトでもやりながら、ひとまずアンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(某芸能プロダクション所属)「わしは、○○って芸能事務所に入ってミュージシャンを目指していましたが、一回のステージで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩に教えていただいたサクラのバイトをしょうがなくやってるんです」
E(若手ピン芸人)「実際は、オレもDさんと近い状況で、1回のコントで僅か数百円の侘しい生活してるんです。先輩が教えてくださって、ステマの仕事をやめるようになりました」
大したことではないが、五人中三人ものメンバーが芸能事務所に所属しているという素敵なメンバーでした…、やはり話を聞かずとも、五人にはステマ特有の仰天エピソードがあるようでした…。
男女が集うサイトは、異なる請求などの悪質な手口を利用して利用者の所持金を掻き集めています。
その戦術も、「サクラ」を利用したものであったり、利用規約そのものが不誠実なものであったりと、雑多な方法で利用者をまやかしているのですが、警察に見えていない度合が大きい為、まだまだ逮捕されていないものがいくらでもある状態です。
殊の外、最も被害が顕著で、危険だと思われているのが、少女売春です。
誰もがわかるように児童買春は違法ですが、出逢い系サイトの目立ちにくいよこしまな運営者は、暴力団と合同で、知りながらこの児童を使った手法で利用ユーザーから大金を奪い去っています。
ここで周旋される女子児童も、母親から売られた者であったり苦しい事情のある人物であったりするのですが、暴力団は高々利益の為に、気にかけずに児童を売り飛ばし、出逢い系サイトと連携して荒稼ぎしているのです。
上述の児童以外にも暴力団と関係した美人局のような手先が使われている形式もあるのですが、大方の暴力団は、女性を稼ぎ手として使うような犯罪を行っています。
しかし大急ぎで警察が立ち入るべきなのですが様々な兼ね合いがあって遅々として取り締まりの対象にならない体たらくなのです。